死ぬ前に書きやがれ

27歳一般OLが書きたいことを書くブログ

フジファブリック志村さんに想いを馳せて

12/24クリスマスイブでしたね…!(少し過ぎてしまった)
そんな日に毎年どうしても聴きたくなる音楽がある。


フジファブリック。12/24はギターボーカル志村さんの命日です。

▼クロニクル/フジファブリック


フジファブリックの音楽に出会ったのは2010年の夏頃でした。大学生なりたてで、1番自分は何だ…?と考えていた気がします。それまで私はバンド音楽とは無縁だったのですが、何か悶々とした気持ちはずっと心にあって。
私は結構言葉遣いが荒いのですが、突如ポロっと出た言葉に「そんな事いう子なんや…。」と引かれる事がありました。
私は簡単に言うと多分「ええ子ちゃん」です。口からは沢山綺麗事を出して、バイトも学業もその他諸々「頑張ります!」と精一杯取り組む事を美徳として、取り組む、事を演じられる。ヤラしい話先生ウケとかもまあまあ良かった気もします。
でも演じる事は出来ても、実際の本音は他人に引かれるポロっと出た荒い言葉だったりする。
その乖離に悩んだ時がありました。何故他人には良い人と思われたいのかと。自分とはなんなんだと。


その怒りがうぉー!!と何故か音楽にぶつかった時がありました。
今まで好んで聴いていたJ-POPが伝える「頑張れ!進め!未来は明るい!」は気持ち悪い啓蒙書みたいな気がしました。綺麗事ばかりなんやねん!頑張るだけで全て上手く行かんやろと。


そんな時たまたま聴いたバンドの曲。きっかけは「タッタッタッ タラッタラッタッタッ」という摩訶不思議な歌でした。興味を持ってその他の曲を聴いたら全て新鮮でした。
予測不能すぎ。なにこれ?

よくよく言葉を追いかけると、え?同じ人が作ったん?て思うぐらい曲によって違いました。すぐ欝になったり、晴れやかになったり、前向きになったと思ったら、すぐ屈折するし。
ポップな曲ほど歌詞聴いたら切なくなったりもしました。

そして1番衝撃を受けた歌詞。



“何をいったいどうしてなんだろう すべてなんだか噛み合わない 誰か僕の心の中を見て 見て 見て 見て 見て ”



こんなにも感情剥き出しでいいんですか。なんか他人に隠したい事とかも出てるやんと驚きましたが、音楽ってこんな自由に感情を歌っていいんやと、目から鱗でした。
「未来は明るい」って綺麗事だけではなく、なんだか自分の悶々と同じ事を歌っている気がしました。

そして「フジファブリック、好きになった。」と公言し始めたら、他にはこんなのあるよ、これ聴いたら?と教えてくれる人が沢山いて、とてもびっくりしたものです。実際の友達やら、ネット上で知り合った人達やら。

自分が良いと思った音楽(=悶々感情と勝手に仮定)と共鳴している人が全国各地、沢山いると知れたのです。嬉しかった。そしてその音楽を作った志村さんがもっと強くその感情を感じていたのか?と思い始め、気になったんです。志村さんの事。

気になった時に志村さんはもう居なかったんですが、作った張本人が「全国各地に共鳴する人が沢山いる」と気付いていたのかが、とても気になりました。
後々気になって、色々昔の音源聴いたり、映像見たり、記事を読んだりすると、志村さんは「誰か僕の心の中を見て」てなんて歌っていたけれど、最後まで見せずに行っちゃった気もしたり。軽い気持ちで見せたら案外皆同じこと考えてたかもよ、と思ってしまうのは勝手ですかね。

私はリアルタイムで会えなかったから、今でもどうしても憧れの人です。新鮮やし素敵やし、意味分からんし変やし。
実際会っていないのに寂しさを感じるのも、そう思っている方々の感情を受け取ってしまってるだけな気がします。いい事か悪い事かは分かりませんが。


ネットに書いてあった情報から。
「志村さんは人に忘れられることを怖がって歌にするような人でした。」

私は「一瞬で人と自分の結び付きを自覚する手っ取り早い方法は死ぬことだ」 と思っています。
死にたい訳では決してないです。仮説としてこれを良い事とは捉えていないけれど、亡くなると忘れるのではなく、心に永遠に凄い残り方をすると思う。 涙が出て考えて想って、どれだけその人が大きかったか突如どばーっと塊で襲って来る。
人に忘れられるのが怖い、と曲からも伝わるような志村さんが、こういうことになるなんて、もうファンは絶対一生忘れられないです。

なのでずっと聴き続けていきたいと思います。
なんかイブだけフジファブリックの話出しやがってー!とか格好つけて浸りやがってー!とかとか、色々思う事あるかもしれない。私も聴き始めたの遅かったし、偉そうに書くの躊躇う気持ちも無くはない。
でも言葉にしたもの勝ちです、きっと。ツイッターにも志村さんの曲聴いている話とか沢山流れて来てニヤニヤした1日でした。
いいやん。聴き続けたり、好きなら言葉にした方が良い。それが誰かに伝わったらいっそう嬉しいです。

今のフジファブリックも大好きです。
特にこの曲。

▼LIFE/フジファブリック

“ちっちゃい頃に思ってた 未来の姿と今はなんだか 違うようだけれどそれもいっか”



あれだけ志村さんの曲と共に悶々抱いた感情を「まぁいっか」とカラっと吹き飛ばしてくれるような曲が多い気がします。
案外大丈夫やでーって言われている気がして大好きです。



あれからもずっとフジファブリック最高ですもん。好きって言い続けていきたいです。


やっぱり1番好きな歌。

バウムクーヘン/フジファブリック

何をいったいどうしてなんだろう すべてなんだか噛み合わない 誰か僕の心の中を見て 見て 見て 見て 見て

僕は今まで傷を作ったな 自分でさえも分からない 歳をとっても変わらないんだな

僕は結局優しくなんか無い 人を振り回してばかり 愛想をつかさず 僕を見ていてよ

言葉では伝えられない 僕の心は臆病だな 怖いのは否定される事 僕の心は臆病だな だな